中古の分譲マンションを選ぶ利点とは

中古の分譲マンションを選ぶ利点はその管理状態を確認できることです。管理状態のよいマンションは長く住めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
中古の分譲マンションを選ぶ利点とは

中古の分譲マンションを選ぶ利点とは

最近は新築の分譲マンションの売れ行きが悪いそうです。昨今の景気が悪いことが一番の理由だと思います。自分の場合にもいまから数年前の給料が最も高く、それからどんどん給料が下がっていって全く元に戻る気配はありません。賃貸がよいか持ち家がよいか、最終的な支払額のトータルはどちらが有利かどうかはよくわかりません。そうした中で自分のお勧めは中古の分譲マンションの購入です。その利点は何よりも価格です。分譲マンションは購入した時点から中古になりますから、資産価値はどんどん下がっていきます。ですからわざわざ新築の分譲マンションを購入しなくても中古の分譲マンションでも住むだけなら変わりはありません。自分は家族でいま、中古の分譲マンションに住んでいます。このマンションは築数十年もたつ古いものですが、近所でもとにかく人気のあるマンションなんです。その利点は何といってもそれまでの管理状態がわかった上で、購入できることです。
分譲マンションは一度購入するとなかなか買い替えはできません。後悔しないためにも中古の分譲マンションから選ぶ方がよいと思うんです。うちのマンションは管理組合がしっかりしていて、外壁塗装や配管取り換えなど、定期的なメンテナンスが行われています。それに、大規模ですから敷地内の清掃や治安など、管理会社がしっかりと見張ってくれています。しかも、毎月の管理費はそれほど高くはないんです。マンションは50年程度で廃れるといわれていますが、その管理状態が良ければもっと住み続けることができると思うんです。積立費で建て替えという選択肢もありますが、おそらくそれは不可能です。それならば、メンテナンスを繰り返してできるだけ長く住み続けることが重要と思います。うちのマンションでは常々、メンテナンス計画や安全面の管理など管理組合で話が行われています。近頃の若い方はこうした会に参加しない方も多いのですが、それでも中古のマンションではそれまでの古い方が今でも頑張ってくれています。

Copyright (C)2015中古の分譲マンションを選ぶ利点とは.All rights reserved.